· 

とある会社の『casica』の段階的使用法

~『casica』による成功体験/失敗体験/当事者意識の醸成

昨年もそうでしたが、6月になると『casica』の追加ご注文を頂きます。

(ご愛顧、有難うございます)

恐らく、新入社員が配属され、上司から指示を受ける中で、

2冊目に突入したということだと解釈しています。

 

さて、私は定期的にお客様の元にお伺いして、実際使用した『casica』を拝見しています。

すると、様々な創意工夫を目にして、開発者として学ぶことが多々ございます。

 

今回は、ご購入頂いたある会社の人事から聞いたお話をご紹介します。

 

 上司からの指示を記入する欄に、5W3Hのチェックボックスを設けています。

 使用者(新入社員)が、上司の指示で聞き漏れていることは無いのか、チェックするためです。

 (例えば、上司の指示を聞いて、チェックボックスを見て、

  「備品の購入について、予算を聞いていないな」というように)

 

その会社では、次のようなルールを上司に伝えています。

➀1冊目はチェックリストの中で全て網羅するように指示をする

 

➁2冊目から3冊目は、あえて多少の抜け漏れがある指示をする

 その場で質問がなければ、改めて詳細を伝える

 

➂4冊目から5冊目は、➁と同じようにするが、

 質問がなければ、こちらから詳細を伝えずに、任せてみる

 その後、経過を観察して、仕事の途中や相談や報告時にフィードバックする

 

➃6冊目から7冊目は、ざっくりと指示をする

 質問があっても「自分で考えて、判断して」と言うそうです。

 

どうでしょうか?

この話を聞いた時に非常に巧いなと感心しました。

この話のポイントは3つあると思います。

 

1つ目は、「成功体験の獲得(所作の定着)」です。

 ➀と➁であえて丁寧に指示をすることで、「仕事を完遂できた」という成功体験を獲得させ、

 かつ指示をどのように受けて、考えればよいか?という仕事の所作が定着します。

 

2つ目は、「適度な失敗体験」です。

 その人事曰く、➂の段階で多くの社員が仕事を完遂出来なかったり、期待値を上回れなかったりするそうです。

 ここで「まだまだだな、、」と失敗体験ができます(しかも比較的立ち直れるレベルで)。

 

3つ目は、「当事者意識の獲得」です。

 ➃の中で初めて仕事を本当の意味で任され、自ら考えることで、

 自身の責任感や当事者意識を醸成するように仕向けています。

 

『casica』の目的は、

“メモすること”ではなく“仕事を完遂するための意識やスキルを獲得すること”です。

上記のような関わりをすることで、その目的は一層達成できるのではないでしょうか?

 

次回は、このやり方を体験した新入社員や上司の声をご紹介したいと思います。

   

松本 宜大